チャコット フィニッシングパウダーで皮脂、汗で崩れにくいメイクを
ベースメイクは、ちょっとしたお出かけはオンリーミネラル・ミネラルCCクリームだけで済ませていますが、フルメイクをしてお出かけ、という時は、仕上げにチャコット フィニッシングパウダー763 クリア(170g)を使用しています。
ルースパウダー(粉状のサラサラとしたパウダー。パウダーにはプレスして固形に固めたプレストパウダーもあります)がもともと好きで、値段がお手頃でサラリと仕上げてくれるルースパウダーを探していたところ、@コスメで仕上がりがよくコスパもいいと評判だったチャコット フィニッシングパウダーを見つけ、amazonで購入してみました。
チャコットフィニッシングパウダー
使ってみたいと思ったもうひとつの理由が、チャコットという会社が、バレエ用品の製造小売、さらにはスタジオ運営まで行っている会社だというだということ。メイク用品もステージの照明と激しい動きで汗をかくバレリーナ用のメイク用品のために崩れにくく、それでいて肌にできるだけやさしい成分で開発されているそう。私、そういうプロ仕様はかなりそそられる質でして。
サイズは30g(¥1,296)と170g(¥2,160)があり、この容量差で800円ほどの違いしかなかったので、170gを選びました。なかなかの大容量。かなりしばらくもちそうです。amazonのレビューをみると、チャコットの販売店では、170gサイズはもう売っていないようなので、使い続けたいと思ったひとは、amazonで購入すると良さそうです。
別売りで専用スポンジが売っていますが、私は、直接ブラシに乗せ顔全体につけてから、何度かブラシではらって、余分なパウダーを落としています。本当は専用スポンジでたっぷりつけてから、ブラシで払い落とすほうがきれいにつくのかもしれませんが、スポンジをマメに洗うのが面倒で…。
チャコットフィニッシングパウダー2
サラリと仕上がり、そのあとチークやアイシャドウもきれいに乗る気がします。クリアタイプですが、つけた時は、白浮きする感じがしますが、時間と共に肌に馴染みます。そこが気になる人もいるようですが、私が以前使っていたパウダーも、そういうクリアタイプのものだったので、あまり気になりませんでした。
チャコットフィニッシングパウダー3
さすが、ステージメイク用だけあって、テカりにくく、メイク崩れしにくいです。夏の汗をよくかく日はさすがに崩れますが、汚い崩れ方をしないように思います。
ただ、皮脂や汗に強いだけあって、皮脂をよく吸収してくれるせいか、冬場は少し乾燥する気がします。でも、いつもより保湿を多めにすれば問題ない程度だと思います。