機能性表示食品Asahi飲料カラダカルピスで脂肪が燃えやすい身体に
私の夫は糖質制限ダイエットを初めた2年ほど前から、アサヒ飲料カラダカルピスも飲み始めました。まだ竹内豊のCMが放映されていず、一部の店頭でしか売ってない頃からです。
カラダカルピス
カラダカルピスの商品サイトによると…脂肪を燃やす酵素を活性化し、脂肪をエネルギーに変える働きのあるカルピス社独自の乳酸菌、乳酸菌CP1563株が含まれており、1日1本12週間飲み続けることで体脂肪が減少するというデータが出ているそうです。
LDLコレステロール値、血糖値、尿酸値の改善も確認できているとのこと。
このカラダカルピス、その頃あまり耳慣れなかった「機能性表示食品」として販売されていました。機能性表示食品制度は2015年4月から始まった制度だそうです。よく「トクホ(特定保健用食品)」というのも耳にしますが、どう違うのでしょうか。
トクホ(特定保健用食品)は商品の健康効果について国が認可しているもので、機能性表示食品はその商品の健康効果について企業が国にガイドラインに沿った届出を行なって受理されたものだそうです。トクホ(特定保健用食品)の認可には多くの時間と費用がかかってしまうので、機能性表示食品は中小企業には条件を揃えやすい制度といえます。このふたつの違いは「国に認めてもらっていない」点。
しかし、機能性食品は国に認められていないとはいえ、製造元企業がはっきりと「こういう効果がある」と、おおやけに届け出ているわけですから、機能性表示食品の届出表示、カラダカルピスでいうところの「本品には独自の乳酸菌CP1563株が含まれ、体脂肪を減らす機能があるので、体脂肪が気になる方および肥満気味の方に適しています。」は信用できるものともいえます。もし、効果がなかったら、その企業の評判はガタ落ちなわけですから、いい加減な根拠で「こういう効果があります」とは言えないわけです。
カラダカルピス届出表示
で、夫のダイエットへの効果なのですが、なにせ同時進行でシリコンバレー式ダイエットをベースにした糖質制限ダイエットをしていたので、カラダカルピスオンリーの効果はわかりません…。すいません…。
お味はペットボトルで販売されているカルピスよりさっぱりしています。
プラスチックボトルのカルピス(470ml)は約230kcal、カラダカルピス(500ml)は0カロリー。
やはりカルピスは美味しいので息子とお茶や水以外のものを飲みたいけどジュースはないような時「お父さんのカルピス飲む?」とたまに拝借して飲んでいます。